過払い金返還請求を自分で行う方法と手続きの流れ

過払い金返還請求を弁護士などに依頼すると、着手金や成功報酬、事務手数料などかなりの費用が必要になります。
それらの費用を節約するために、自分で手続きをしたいと思う人もいるでしょう。
ここでは、過払い金返還請求を自分でする場合の方法を説明します。

 

業者に請求する

過払い金返還請求は、まず業者に対して行います。
始めに取引履歴を取得しましょう。
取引履歴請求書を作成して貸金業者に送付することで、取引履歴を取得します。
次に過払い金の金額を計算します。
自分で計算してもいいですし、インターネット上には過払い金を計算してくれるソフトもアップされています。
請求する金額が分かったら、業者に書面にて請求しましょう。
過払い金を請求するための請求書の雛形が用意されているサイトもありますから、そちらを利用すると便利です。

 

電話で交渉する

過払い金請求書が業者に届いたら、大抵の場合は電話で連絡をしてきます。
ここで和解交渉を行います。
この際、多くの貸金業者は実際の過払い金よりも安い金額を提示してくるようです。
相手は交渉に慣れていますから言いくるめられてしまう人も多いのですが、過払い金の請求は正当な権利ですから、毅然とした態度で全額の支払いを要求しましょう。
安い金額で和解するなら弁護士に依頼して費用を払った方が、還って来る額が多くなることもあるのです。
ここで和解が成立しなかったり、過払い金請求書の期限までに連絡が無かったりした場合は、訴訟に持ち込む事になります。

 

過払い金返還請求訴訟を起こす

貸金業者がすんなり過払い金を支払わない場合は、裁判所に訴訟を起こします。
この際必要なものは、訴状、証拠説明書、業者からもらった取引履歴、過払い金計算書、貸金業者の登記簿謄本です。
訴状や証拠説明書を作成するのは慣れていない人には大変ですが、これも雛形が用意されているサイトもありますから、それを利用するといいでしょう。
書類が揃ったら、お金を借りる時の契約書に記載されている管轄裁判所に書類を提出して訴訟を始めます。
後は裁判所の指示に従いましょう。