過払い金請求の計算方法って?100万円の借金なら…

今までの借金の返済に過払い金があるのではないか、という時に気になるのが、果たしていくら払い過ぎていたのか、ということでしょう。
本来払う必要のなかったお金ですが、まとまって返って来ると嬉しいですよね。
ここでは過払い金の計算方法を説明します。

 

実際に支払うべき金利

過払い金が生じるのは、グレーゾーン金利というものがあったためです。
利息制限法では貸金の利息の上限は元金が10万円未満なら年利20%、元金10万円以上100万円未満なら18%、元金100万円以上なら15%までと定められていますが、出資法の制限である29.2%を超えない限り罰則がなかったので、多くの貸金業者は利息制限法を超え、出資法は超えないグレーゾーン金利と呼ばれる金利で貸付を行っていたのです。
この、利息制限法で定められた金利を超えた部分が過払い金となります。

 

過払い金請求の具体的な計算例

計算しやすいように100万円を元本として借り、1年で返済したとしましょう。
この場合、本来払わなければいけない利息は利息制限法の上限では115万円です。
これを超えた部分が過払いになります。
例えば、出資法制限ぎりぎりの29%の利息で借りていた場合、129万円支払う事になりますから、14万円が過払いという事になるのです。
実際には月払いで返済することが多いでしょうし、1年で返済するとは限りませんからもっと計算はややこしくなりますが、基本的には過払い金の計算はこういう考え方です。

 

正確な金額を算出するなら弁護士に

過払い金の計算は、後から追加で借り増ししたり、余裕が出来た時に一部弁済したりするとさらに複雑になっていきます。
インターネットのサイトでは過払い金を計算できる無料ソフトが利用できるところもありますから、そういったものを利用するのもいいでしょう。
ただ、入力ミスがあったり状況が複雑すぎたりすると正確な計算が出来ない場合もあります。
正確な過払い金の額を算出するには、やはりプロである弁護士に依頼した方がいいでしょう。